Stator

おひさしぶりです。正月と盆には更新しようと思いつつ、すでに暮れに向かっております。

先日(と言ってもだいぶ前)、B40が信号待ちのたびにストールするようになった。

最初はキャブを疑ったんだけど、よくよく調べてみると、ブレーキペダルを踏むと、何故かエンジンが止まることに気がつく。

このバイク、オルタネーターからは4本のリード線が出ていて、赤がアース、白黒が点火系、茶青が夜間灯火系、茶がストップランプと、点火系とストップランプは、独立して配線されている。

ためしに夜間灯火系の配線から、タコ足でストップランプに繋げてみると、ブレーキを踏んでもエンストしない(もちろん、ストップランプが点いた瞬間に、ヘッドランプが異様に暗くなるため、とても夜間は走れないが)。

ということで、配線の途中でショートしているわけではなく、ステーター本体の断線やショートがトラブルの原因ということは判った。

B40のステーターは、エナジートランスファー(以下ET)専用のもので、当然、当時モノの新品は手に入らないし、中古も滅多に出ない。

以前、運よくeBayで落札できたボロいスペアを持っていたので、機能するかどうかは判らないけど、ダメもとで交換するしか選択肢は無いなー、とか考えていたら、トラヴィスの栗崎さんから、「最近(と言ってもだいぶ前)、ET専用のステーターが再生産されはじめましたよ」という情報をいただいたので、さっそく注文してみた。

届いたステーターは、コイルにニスを塗っただけの古いタイプではなく、樹脂で固めたタイプで、なんか雰囲気的にも信頼できそう。

ただ、出ている配線が全部で5本。トラなど2気筒エンジンのためだろうか、点火系が1本多い。

BSAユニットシングルのET車両の配線図をいくつか調べると、ステーターから点火系が2本出ている車両もあり、その場合、余った1本は適当にアースしているようだ。

果たしてこれで機能するのだろうかと、最初はちょっと悩んだけど、とりあえず交換してみた。

で、無事に機能しました(ちなみに余った1本はちゃんとアースさせないとエンジンかかりません)。

やったーということで、今年の盆は南会津方面に、ダンヒルさん先導の、根田さんと3人で、一泊林道ツーリングに行ってきました。

a0255337_14252032.jpg


ふたりとも速い速い。B40もノントラブルでがんばりました。

ではまた。
[PR]
# by motorshack | 2014-11-20 00:11 | B40ES日記

近況

あけましておめでとうございます。更新してなくてすいません。

TR6Cは無事に車検を通りました。結局交換したクランクケースに、職権打刻のプレートを貼ることになりましたが、これで次回以降は普通に継続手続きが出来るので安心です。

ということで年末の30日に恒例となりつつある、西伊豆のやぶ誠まで走り収めに行ってきた。

クラッチがやたら滑り始めたことと、オーバーホール後4000マイル走って終了間近のタイヤ以外は、大変調子が良かった。トラブル続きだった点火周りも、配線・パーツの見直しを繰り返したことで、なんとかボイヤーのままでも、安定して調子を取り戻せた気がする。

それとタイヤはもうTRIALS UNIVERSALやめます。K70に戻します。B40との相性は最高だけど、トラの車重では無理がありすぎた。春までにはクラッチと一緒に交換予定。

あと今回のツーリング中、何故か1度もギア抜けが発生しなかった。英国旧車の世界では自然治癒ぐらいあっても全然不思議ではないと思いますので、再度症状が発生しない限り、そっとして起こさず不問にしたいと思います。

以上。
[PR]
# by motorshack | 2014-01-03 00:25 | TR6C日記

火花が飛ばない

お久しぶりです。

前回更新してから何も無かったわけじゃなく、ツーリングもトラブルもいっぱいあって、書くこともいっぱいあります。

特にツーリングは、5泊6日総走行距離2232km、有料道路は一切使わず、目的地が全長50Kmのロングダートという、ほとんど「ちょっと人格改造セミナー行って滝に打たれてきます」と同インパクトのツーリングをやった。実際似たようなもんでしたが。

こちらはあまりの行程の長さに、普段のツーレポとは違うまとめ方をしない収まらないので、もうちょい時間ください。

ということで、ちょっと時間は前後しますが、今回はツーリングから帰ってきてからのトラブルの話。

ある日、調子良く走っていたら突然イグニッションを切ったように突然のストール。最初はバッテリー絡みかな?と思ったけど、灯火類は全部点いたまま。

プラグを外してキックしてみると、両気等のプラグともまったく火花が飛ばない。

「こりゃボイヤーかコイルがパンクしたかな」

自分は未経験だったけど、まぁよく人から聞く話なので。

だとすれば路上でどうにかなる話ではないし、即レッカーを呼んでとりあえず自宅に運んでもらう。
a0255337_1531249.jpg


ここからが長かった。

まずは替わりのブラックボックスやコイルを周囲からお借りして動作チェック。まだ火花は飛ばない。新旧パーツをいろいろ組み合わせて試しても駄目。もちろんバッテリーは充電済み、ビンビンの状態です。

じゃローターの回転を検知するピックアップか? だがこれを替えても駄目。となると配線絡みか、めんどくさいな……。

その後アースやギボシ、断線箇所など配線もすべてチェックしたが、全部空振り。

何コレ? ここまで約1ヶ月近くかかっている。しかも極まれにだが、時々思い出したように力強く火花が飛ぶという、バイクの神様にからかわれているのではないかと本気で思ってしまう、泣きたくなるような状況。

「すべてボイヤーが悪い。あいつさえいなければすべて丸く収まる」と、ポイント点火に変更という方針転換も考えたが、未解決案件として迷宮入りさせるのも敗北感いっぱいで寝つきが悪い。

自分の力だけではどうにもお手上げと判断、電気の見える男、榎本氏に泣きついたところ、テスター片手に我が家に登場。慎重に配線をトレースした結果、「イグニッションスイッチの抵抗値が怪しい」とのご意見。ためしに直結したところ、見事プラグから火花が飛んだ!

どうもイグニッションスイッチ内部の接点が焼けて抵抗値が上昇(例の過充電が原因か?)、灯火類は問題なく点くけどボイヤーの最低作動電圧にはギリギリ足りていない、という状況だったっぽい(ちなみに過充電は、ツェナーダイオードからティンパニウムに交換することで現在対策済み)。

たぶん僕一人だったら、イグニッションスイッチにたどり着くまでパーツ交換でいくら散財したかわからない。本当にありがとうございました!>榎本さん

その後トラヴィスから栄光のルーカス製イグニッションスイッチとキーシリンダーを購入、換装。無事に解決、修理完了となった。

ただ冷静に考えると、作業コストほぼゼロで出来る直結を、なぜ思いつき実行しなかったのか。考えることを放棄して、もう打つ手は無いと早々に判断した自分が恥ずかしい。心の奥を掘り下げると、榎本さんに期待していたのは、「これはブラックボックスが運悪く連続でハズれたんでしょう。新しいの買えば全部解決しますよ」という一言だった気もする。

ということで今回は、自分の「諦めず徹底的に考える」レベルの低さも痛感した一件でした。
[PR]
# by motorshack | 2013-10-05 15:42 | TR6C日記

130713 蓼科~甲府

3連休に蓼科から甲府へと、2泊3日のツーリングに行ってきた。

今回のツーリングの目的は、今年に入って通行規制が解除された、大弛(おおだるみ)峠と観音峠を走ること。

トラで行くかBSAで行くか、バイクの選択はツーリング直前までさんざん悩んだけど、ルートプランを考えた結果、今回はB40を出動させることに決定。

初日は去年と同じく、志賀坂峠、田口峠、蓼科スカイラインを経由して、まず蓼科で1泊。

2日目は、麦草峠、馬越峠を経由して、山梨方面に南下。そして今回はいつもの信州峠を通らずに、大弛峠を経由して甲府に向かう。

大弛峠のある川上牧丘林道は、日本でもっとも標高の高い道路(2360m)で、今回のツーリングのハイライト(?)。でも実際に走ってみると想像以上にガレた路面で、ダートいうより水の枯れた川原状態。ただし川原と違う点は、丸い石が存在せずに鋭角に粉砕された石だらけということ。

B40も自分の体もバラバラになるんじゃないかという荒れた路面を、10キロ近く延々と登り続ける。転ばないよう、車体に負担をかけないよう、異常に慎重に走っていたら、登りきるまでに1時間近くもかかってしまった……。もう集中力も体力も限界、というあたりで分水嶺を越えて山梨県側に到達。でもその達成感には格別なものがありました! まぁもうちょっと本音の感想としては、1キロステーキとか超激辛ラーメンを記念に食う感覚と案外近いのかな。決してうまいものではないというか……。

写真は休憩中に通りがかった、最新オフローダーのお兄さんに撮ってもらったもの。蓼科あたりから突然フォークゲイターが破けはじめたので、スーパーで買ったラップとビニールテープで応急処置しております。
a0255337_0201269.jpg


山梨県側に入ってからは、甲府での1泊をはさみながら、北部山岳地帯を網の目のように張り巡らされた林道を、ただひたすら走ります。去年は工事規制でずっと走れなかった観音峠も、ようやく走破。これで主要な路線はひと通り走ったのかな。ただこの一帯、細かい支線を含めると、2日や3日じゃとても走りきれない量の林道が無数に存在してます。まだまだ何度来ても楽しめそう。

今年は車載カメラも取り付けていったので、動画も撮ってきました。ただ、バイクから降りて冷静になって考えると、自分が見たって眉をひそめるような内容だし、決して他人が見て面白いものじゃないと思うので、動画は直接貼りません。興味のある人だけリンク先を見てください。

林道前山大明神線
ピカピカの舗装路とダートが断続する極端な道。全面舗装化前に一度走ることをお勧めします。

林道大明神線
こちらもピカピカの全面舗装。ただし、いろんな物がいっぱい落ちてる。

林道観音峠大野山線
観音峠の展望が開けるのは00:12:00あたりから。崖側の景観に思わず声を上げているのが聞こえる。

林道池の平線
池の平線は道幅が狭く勾配もキツい。コーナーの半径も小さく、まるでジェットコースターみたい。

林道荒川線
前山大明神線からここまでブッ続けで走ると1時間ぐらい。でもヘトヘトになります。

林道水ヶ森線その1
林道水ヶ森線その2
比較的直線も長く、コーナーの半径も大きい。路面も悪くないので結構スピードが乗ります。

以上。
[PR]
# by motorshack | 2013-07-17 00:32 | B40ES日記

ギア抜け

エンジンオイル交換のついでにフォークオイル、ギアオイルも交換。

僕の周囲で具合がいいと話題の国産オイルを初めて入れてみた。

自分の場合、フォークオイルは正直優秀さがそんなに体感出来なかったんだけど(もちろん悪くはなってないです)、ギアオイルは全然違った。

オイルの番手的には以前より固くなったので、タッチも硬め・渋めに変化するかと思いきや、全然そんなこともなく、カッチリかつスムーズな素晴らしい操作感に。

あとは修理直後から悩まされていたギア抜けがちょっと減った。

新しいオイルがセレクターカムプレートの動作に直接関与してギア抜けが減った、というよりギアボックスすべての動作の確度が向上、機械的に不安定な状態が減少した、ということだと思う。

あとギア抜けに関しては、周囲から「レストア直後はギア抜けが多発してたけど、いつのまにか無くなってた」的な報告をよく聞くんだけど、これもギアの噛み合いが慣らされて収まるところに収まったという、機械的な慣らし効果が徐々に発揮される現象と、トライアンフに乗り慣れてない人間が無意識のうちに「抜けないシフトチェンジ」を体得するという、人間側の慣らし効果が複合的に関与している気がする。

ちなみに1年ぶりに乗る自分は、どちらのケースにも当てはまっています。

ということで、もうちょい乗りながら様子を見てみます。
[PR]
# by motorshack | 2013-06-19 22:00 | TR6C日記

DUNLOP TRIALS UNIVERSAL

B40と同じく、トラにもTRIALS UNIVERSALを履かせてみたけど、全然問題ない。

と、以前のエントリーで書いたけど、少々訂正。

訂正というか、確かに3~40キロ以下でまわるような低速コーナーなら、書いた通り全然問題ない。

でも5~60キロを超えるような速度域になると、進入のブレーキング時や旋回時のブロックのたわみ感が一気に上昇し、粘っこくて安心から、腰砕けで怖い、という感覚に変わる。

福島ツーリングで一緒に走った上原君によると、後ろを走っててもタイヤのたわみが見えるぐらいだったらしい。

まぁ、ゆっくり走れ、ということですかね。

とりあえずもうちょっとこのタイヤでがんばります。
[PR]
# by motorshack | 2013-06-10 23:24 | TR6C日記

慣らし完了

修理完了後1000マイル走ったので、一応ここで慣らし完了とします(と言っても、慣らし後半はそれなりに回して高負荷運転してますけど)。

前回のエントリーからだいぶ間が空いちゃったけど、そのあいだ何もなかったわけではないです。細かい問題点が現れては消え、という感じなので、脊髄反射で「こんな現象が! どうしよう!」みたいに大騒ぎしても、翌日には「ごめん、勘違いだったかも。テヘ」みたいなエントリーの連続になりそうで、いちいち書かずにある程度まとまってから書こうと思ってました。馬鹿だと思われそうだし。

まぁでもこのブログは、そういう素人の一喜一憂を馬鹿丸出しで書くところがいいところかもしれないので、そのあたりのバランスをとりつつ今後とも運営していくつもりです。

ということで慣らしの仕上げに、寺嶋さん主催の福島ツーリングに参加してきました。往復6~700キロぐらいあるので、結構なロングツーリングとなります。

前回のエントリーでだいたいの不具合は認識済みと報告しましたが、長時間走ると普段は気にならないところが気になることもある。今回気になったのはギア抜けの症状。

1速で発進して2速に入れると飛び越えて2.5速に抜けてしまう。もしくは2速になって数秒走ったあと、ちょっと間をおいて2.5に抜けてしまう。こんな感じの症状。

まぁたまに起こるのなら全然問題ないんだけど、修理の終わったTR6C、なぜかこれが頻発する。ロンツーだとこれがまたものすごいストレスに。

このバイクのクランクケース、結局70年のケースが入手できずに72年のケースを使ったのですが、70年と72年ではミッションのセレクターカムプレートの形状と、そのカムプレートが回りすぎたり戻ったりしないように押さえつけるバネの構造が全然違う。

70年までは、普通のコイルばねを内蔵したインデックスプランジャーでカムプレートを押さえつけてるんだけど、72年では単なる板バネを2枚重ねにして直接カムプレートを押さえつける構造に変更されている。

おそらく単にコストダウンを狙った仕様変更だと思うんだけど、特に作動が優秀というわけでもなく、逆にトラブルも多かったのでしょうか、この板バネ方式は1~2年で消えて、何事もなかったようにまたプランジャー方式に戻ったそうです(根田談)。

福島からの帰り道はずっとこの問題について考えながら走っていたのですが、いま自分で思いつく対応策はふたつ。

ひとつは板バネの角度をキツくして、より強くカムプレートに当たるようにする。もうひとつは板バネの枚数を増やして、より強くカムプレートに当たるようにする。いまのところ、これぐらいしか自分では思いつきません。

たぶんどちらの方式でも微妙にバネとプレートとの当たり面の位置がズレるはず。それがさらなる問題を呼ぶことになるかは、実際やってみないとわかりません。

ということで、この問題もキチンと解決したいと思っているので、近いうちに作業の結果報告をします。
[PR]
# by motorshack | 2013-06-04 14:31 | TR6C日記

慣らし運転中

修理完了後、現在走行距離約500Km。

初めてエンジンをかけてから、トリニティーの近所のガソリンスタンドまで行って帰って、まず一発目のオイル交換。そこから500Km走って2度目のオイル交換。ついでに腰上の増し締めとタペット調整をしたところ。

乗ってみて初めてわかる不具合は、おおむね認識済み(だと思う)。抜本的な解決策で対応した不具合もあれば、とりあえず的な処置で様子見している不具合もあるけど、どれも多少金と時間をかけるなり、本腰上げれば完全解決可能っぽい小さな問題なんで、今はまだ「ま、いっか」という感じ。

例の過充電は、手持ちの古いツェナーダイオードから比較的電圧制御のテスター計測値が優秀な個体を使用することと、昼間でもなるべくライトオンで走ることで対応してる。この状態がバッテリーの寿命にどう影響するかは、もっと長い時間乗り続けてみないとわからない。

基本的に毎日の足代わりに使っているんだけど、先日は池田さん主催の宇宙大戦争に参加、帰り道に軽く舗装林道の峠道や、高速道路も走ってみた。

ちょっと心配だったタイヤの選択も、走ってて全然嫌な感じがなく、いつものTRIALS UNIVERSALだった。車重が重いので空気圧はB40よりちょっと高めに設定したけど、思ったより違和感もなく踏んばってくれて全然イケる感じ。もちろんタイヤは個人の好みで左右されるし、ブロックのたわみや粘っこさを、単なる腰砕けと感じる人もいるかもしれないので、あくまで僕の主観と思ってください。

ということで機械の慣らしは当然やってるんだけど、案外重要なのが人間、つまり僕の慣らし。

ほぼ1年ぶりに乗るんで、こっちはもうちょっと時間かかるかな。この件に関しては、慣らしが終わったころに、また別のエントリーを立てる予定。
[PR]
# by motorshack | 2013-05-15 17:08 | TR6C日記

【速報】エントリー訂正のお知らせ

先ほどバッテリー付近から甘酸っぱい匂いが立ちこめていたため、あわててテスターで電圧を計測してみたところ、アイドリングで17Vオーバーという自己ベストに近い数字をたたき出しておりました。このまま過充電ワールドレコードに挑みたいぐらいです。

ちなみにわたくし何もいじっておりません。ああ、これでまた迷宮に……。
[PR]
# by motorshack | 2013-05-02 22:14 | TR6C日記

Headlamp Bracket

通勤、買い物と、普段使いをしながら慣らし運転中。

気になるようなオイル漏れもなく、おかげさまでエンジンはすこぶる好調。

修理前からずっと悩まされていた過充電もなぜか直った。でもこれにはちょっと思い当たるフシがある。

ライトブラケットを新品に交換したら、なぜか灯火周りが全滅。1分ほど悩んだのち、アース不良と気が付く。

以前は横着して自家塗装ブラケットからヘッドランプシェルのアースをとっていたんだけど、さすが熊本から取り寄せた最強ブラケット。そんな横着は出来ないほどの塗装品質である。

ということで、灯火周りのアースをちゃんとボディからとった専用アース線にとりまとめた。おそらくこれが原因でステアリング周りの電気の流れが変化し、ステムに装着されているツェナーダイオードが本来の性能を発揮するようになったんじゃないだろうか? 本当のところはよくわかりませんが。
[PR]
# by motorshack | 2013-05-02 17:41 | TR6C日記