Kickstarter

このバイク、最初からキックアームのホルダーとクアドラントシャフトのスプラインが崩壊していて、ドリルで穴を開け細いクサビ状のピンを打ち込むことでホルダーとシャフトが固定されていた(写真10時方向のあたり)。

LOCの帰りにキックしたところ、突然ピンが抜けてキックアームがスカスカになってしまった。

ざっと外観を見る限り、それなりにキチンと整備されているバイクなのに、なぜここだけこんなインチキ修理をしていたのかは謎。

もしかしたらキック関連のパーツが欠品で仕方なく、という修理なのかもしれない。

そもそもそんなにキックの圧縮抵抗が高いバイクではないので、スプラインが終了するほど負荷がかかるのだろうか? もしかしたら本来の状態よりも圧縮が抜けてるのかなぁ。
a0255337_1621169.jpg


タイミング側のカバーを外したところ。中の状態は良く、組み方も丁寧。
a0255337_16114366.jpg


カバー側。

クラッチのプッシュロッドの終端はカバー右側中央の小さな穴に収まるが、トラと違い直径3mmほどのベアリングボールが挟まる設計になっていた。プッシュロッドの抵抗と磨耗を防ぐためだろうか。
a0255337_16103238.jpg

[PR]
by motorshack | 2011-09-19 16:02 | B40ES日記
<< Quadrant 本日の作業 >>