Amal Mk1 Concentric Premium

前回のローターのキー騒ぎの数日前にキャブを換装していたのを日記に書くの忘れてた。

オリジナルのモノブロックから機能向上を目的とした交換なので、新旧・スタイルのこだわりは無い。ここは思い切ってAmalのラインナップに新しく加わったばかりのプレミアム仕様コンセントリックを選んでみた。

オリジナルのモノブロックは376/280という型番で、口径が1-1/16(27mm)。対応するコンセントリックの口径をトラヴィスの栗崎さんに相談したところ、28mmの928が最適だろうとのこと。

取り付けはスロットルケーブルを作り直したぐらいでサクッと換装終了。今回の換装目的に合わせチョークも取り外す。

始動は一発。928のロットにハズレ有りという事前情報がちょっと心配だったけど、今のところ混合気が原因の際立った不調さは感じないので、この個体は思い切りハズレ、ということはなかったようだ(たぶん)。928のデフォのメインジェットは180番ということだが(オリジナルモノブロックの指定は190番)、口径が上がったせいだろうか、プラグの焼け具合は丁度いい感じで問題無し。エアスクリューも1回転戻し程度で安定中。

正直プレミアムならではという差は、いまのところ実感することが出来ないが、少なくともアイドリングは遥かに安定するようになった。あとはサイドスタンドで自立させたとき、ストールせずにアイドリングするというのが地味に嬉しい。

吸気側ロッカーキャップとキャブレターの干渉具合、インシュレーターの厚みとスタッドボルト長の関係上、いまはファンネルを装着してるけど、機関部オーバーホールの時にでも、いい塩梅のバランスをとって何とかエアクリーナーも装着できるようにしたいと思う。
a0255337_1751610.jpg

[PR]
by motorshack | 2012-01-19 18:31 | B40ES日記
<< Clutch Cable Alternatorその後 >>