120324 西伊豆

始動性もそれなりに良くなり、都内で普段の足に使うぶんには問題無い状態になった。それから1000マイル以上乗ってるし、ココはいつ何が起こってもおかしくないという怪しい箇所も大分減った。

ということでそろそろいいのではないかと思い切って遠出してみた。それでも一応走り慣れてるルートがいいだろうと思い、毎度おなじみの西伊豆は宇久須のやぶ誠まで。

とは言え何が起こるか判らない。今まで高速道路も走ったことが無いし、高負荷の連続運転自体したことが無い。一応プラグやバルブ類の他に、なんかパンクしそうな気がするイグニッションコイルとコンデンサーも持ってくことにした。そもそもエナジートランスファーの電圧・電流制御の仕組みがどうなってるのかサッパリ判ってないのですが……

前日までは雨。予報では朝には止むということだったので、小雨の降るなか出発。ところがこの日の天気予報は完全にハズレ。雨足は強くなる一方、箱根でようやく日が射す始末。まぁ箱根と伊豆で晴れてれば問題無いんですが。帰りも小田原から横浜ぐらいまで普通に大雨だった。

で、肝心のB40ですが、基本的にはノートラブルで最高に楽しかったんだけど、それを書くとただの自慢ブログになるので今回は駄目だったところを。

まずこのバイク、ポジションがクソ。後ろに持ち上がったシート角度や、低く広がったハンドル位置、高い位置にセットされたフットレストのおかげで妙な前傾姿勢を強いられる(本来フットレストに立って乗ることを想定したポジションなのかもしれない)。都内でチョロチョロ走るぶんにはさほど問題にならないが、長距離は相当ヤバい。

あとフロントブレーキもマズい。もともとアタリが均一でないような、タイヤの回転と同期した妙な偏心と、その動きに反応したサスが上下に暴れだす現象は認識していたが、それが道中ものすごいストレスに。都内の信号停止は問題無くても、フロントブレーキを躊躇しながらの下り山道は怖すぎる。シューのアタリ具合やドラムの偏心など、まずはチェックのためでも、すぐにバラしたほうがよさげ。

あとスピードメーターがほぼ終了した。これもトラと同じくスミスレプリカに換装予定。

写真は鴨せいろ大盛りを食べたあと眠くなって休憩した土肥港。この時間帯は快晴だった。
a0255337_1535745.jpg


東京 最高気温9℃ 最低気温6℃
三島 最高気温18℃ 最低気温9℃
[PR]
by motorshack | 2012-03-26 03:45 | B40ES日記
<< 120329 天竜 Cylinder Head >>