Lucas Auto Advance Unit

僕のB40に付いていたガバナー、裏側には数字の10と刻印されている。たぶん羽が開くと10度進角しますよ、ということだと思う。

B40の点火時期について色々調べてみると、エナジートランスファーの場合、通常5度(クランクシャフトで10度)進角するのが普通っぽい。

前のオーナーが違うガバナーを取り付けたのか(ちなみにバッテリー点火のWD B40のガバナーが10度らしい)、生産時期によって違いがあるのかは謎。他にもこういう個体はあるみたいで疑問に思っている人もいるみたい(Auto Advance Unit question)。

まぁ10度だろうが5度だろうが調子出てるならそれでいいじゃん、という以上の話ではないんだけど、そもそも比較対象となる5度進角のB40に乗ったことが無いので、僕のB40が調子出てるのかどうかの判断もつかない。

ということでeBayに出ていた5度刻印のガバナーを落札してみた。カムの形状は極端に尖ったエッグシェイプで、明らかにエナジートランスファー仕様のガバナーと思われる。最大進角を33.5度とすれば、理屈の上では最大遅角がクランク側で10度早くなることになる。いったいそれでエンジンがかかるのかも謎ですが、ためしに交換したって破壊的な悪さをするとは思えないので、そのうち換装して乗り比べてみる予定。

いくら調べても相変わらず点火周りは?だらけなんだけど、どなたかこのへんに詳しい人いないですかね?
a0255337_16174796.jpg

[PR]
by motorshack | 2012-06-16 17:14 | B40ES日記
<< スピードメーター交換その後 HONDA MOTRA CT50J >>