スピードメーター交換その後

前回からの続き。

ということで前後ブレーキのライニング張り替えのため、目黒ライニングに。結局二日で仕上がりました。早い。着払いで送るのも可能ということだったんだけど、すぐに作業がしたかったので土曜日の朝(土曜営業してるのも素晴らしい)引き取りに行って、その足でトリニティーへ。

多少なんだかんだあったけど、今回メインの作業予定だったメーター換装は無事終了。

スミスレプリカはオリジナルよりメーターが厚い(高い)ので、ケースにメーターを丸ごと格納するタイプの純正メーターステーは使えない。ということでTR6Cのメーターステーを流用(ステーはトラヴィスさんから取り寄せたもので、もちろんマイTR6Cが部品取り車になったわけではありません……)。メーターギアを換えたことで、無事に速度と距離の表示も正確になりました。

作業の成り行きで発生したライニング張り替えも結果オーライな感じで、以前から悩まされていたフロントブレーキをかけた際の、ドラム周りが偏心するような不安定な現象も何故か収まった。

ついでにステアリングのベアリングやレースもチェックしたり組み直したりで、フロント周りの挙動はだいぶ良くなったよ。もうブレーキかけた際の前荷重もあんまり怖くない。

まだアタリがついてないせいか、レバーをギューっと握り込んでもあんまりブレーキが効かないのは怖いけど、もうちょい走って様子を見てみます。

いまは2週間ぶりに乗れたので嬉しくてしかたない。早くツーリングに行きたいな。
[PR]
by motorshack | 2012-06-26 02:33 | B40ES日記
<< Iridium Plug Lucas Auto Adva... >>