Air Filter

フォークゲイターを換装中、校長からエアクリーナーを装着したほうがいいと指導を受ける。

ファンネルのままダートを走ると、大きなエンジントラブル以前に、バルブやバルブガイドの磨耗スピードが早いらしい。たしかに吸気側はモロに影響がありそうだ。

ということでTR6Cから取り外したコンセントリック900番台用の、ごく普通のエアクリーナー(偏芯タイプ)をテストとしてB40に装着してみる。

サイズ的に無理、と思い込んでたけど、サクッと普通に付いた。周囲にわたって2mm程度のクリアランスは確保できているので特に問題は無さげ。
a0255337_19112657.jpg


試走しても全域にわたって特に問題なし。ちょっとパンチが無くなった気はするけど。プラグの焼け具合も適正範囲内で特に問題なし。スローはいつもよりちょっと緩めになった。現在のセッティングはプラグが6番でメインジェットが190番。

ファンネルの原始的なシンプルさもB40には似合ってたけど、やっぱこっちが本来の姿ですね。
[PR]
by motorshack | 2012-07-26 21:36 | B40ES日記
<< 120728 西伊豆 Fork Gators >>