Headlamp Bracket

通勤、買い物と、普段使いをしながら慣らし運転中。

気になるようなオイル漏れもなく、おかげさまでエンジンはすこぶる好調。

修理前からずっと悩まされていた過充電もなぜか直った。でもこれにはちょっと思い当たるフシがある。

ライトブラケットを新品に交換したら、なぜか灯火周りが全滅。1分ほど悩んだのち、アース不良と気が付く。

以前は横着して自家塗装ブラケットからヘッドランプシェルのアースをとっていたんだけど、さすが熊本から取り寄せた最強ブラケット。そんな横着は出来ないほどの塗装品質である。

ということで、灯火周りのアースをちゃんとボディからとった専用アース線にとりまとめた。おそらくこれが原因でステアリング周りの電気の流れが変化し、ステムに装着されているツェナーダイオードが本来の性能を発揮するようになったんじゃないだろうか? 本当のところはよくわかりませんが。
[PR]
by motorshack | 2013-05-02 17:41 | TR6C日記
<< 【速報】エントリー訂正のお知らせ 修理完了 >>