慣らし運転中

修理完了後、現在走行距離約500Km。

初めてエンジンをかけてから、トリニティーの近所のガソリンスタンドまで行って帰って、まず一発目のオイル交換。そこから500Km走って2度目のオイル交換。ついでに腰上の増し締めとタペット調整をしたところ。

乗ってみて初めてわかる不具合は、おおむね認識済み(だと思う)。抜本的な解決策で対応した不具合もあれば、とりあえず的な処置で様子見している不具合もあるけど、どれも多少金と時間をかけるなり、本腰上げれば完全解決可能っぽい小さな問題なんで、今はまだ「ま、いっか」という感じ。

例の過充電は、手持ちの古いツェナーダイオードから比較的電圧制御のテスター計測値が優秀な個体を使用することと、昼間でもなるべくライトオンで走ることで対応してる。この状態がバッテリーの寿命にどう影響するかは、もっと長い時間乗り続けてみないとわからない。

基本的に毎日の足代わりに使っているんだけど、先日は池田さん主催の宇宙大戦争に参加、帰り道に軽く舗装林道の峠道や、高速道路も走ってみた。

ちょっと心配だったタイヤの選択も、走ってて全然嫌な感じがなく、いつものTRIALS UNIVERSALだった。車重が重いので空気圧はB40よりちょっと高めに設定したけど、思ったより違和感もなく踏んばってくれて全然イケる感じ。もちろんタイヤは個人の好みで左右されるし、ブロックのたわみや粘っこさを、単なる腰砕けと感じる人もいるかもしれないので、あくまで僕の主観と思ってください。

ということで機械の慣らしは当然やってるんだけど、案外重要なのが人間、つまり僕の慣らし。

ほぼ1年ぶりに乗るんで、こっちはもうちょっと時間かかるかな。この件に関しては、慣らしが終わったころに、また別のエントリーを立てる予定。
[PR]
by motorshack | 2013-05-15 17:08 | TR6C日記
<< 慣らし完了 【速報】エントリー訂正のお知らせ >>