カテゴリ:B40ES日記( 42 )

Stator

おひさしぶりです。正月と盆には更新しようと思いつつ、すでに暮れに向かっております。

先日(と言ってもだいぶ前)、B40が信号待ちのたびにストールするようになった。

最初はキャブを疑ったんだけど、よくよく調べてみると、ブレーキペダルを踏むと、何故かエンジンが止まることに気がつく。

このバイク、オルタネーターからは4本のリード線が出ていて、赤がアース、白黒が点火系、茶青が夜間灯火系、茶がストップランプと、点火系とストップランプは、独立して配線されている。

ためしに夜間灯火系の配線から、タコ足でストップランプに繋げてみると、ブレーキを踏んでもエンストしない(もちろん、ストップランプが点いた瞬間に、ヘッドランプが異様に暗くなるため、とても夜間は走れないが)。

ということで、配線の途中でショートしているわけではなく、ステーター本体の断線やショートがトラブルの原因ということは判った。

B40のステーターは、エナジートランスファー(以下ET)専用のもので、当然、当時モノの新品は手に入らないし、中古も滅多に出ない。

以前、運よくeBayで落札できたボロいスペアを持っていたので、機能するかどうかは判らないけど、ダメもとで交換するしか選択肢は無いなー、とか考えていたら、トラヴィスの栗崎さんから、「最近(と言ってもだいぶ前)、ET専用のステーターが再生産されはじめましたよ」という情報をいただいたので、さっそく注文してみた。

届いたステーターは、コイルにニスを塗っただけの古いタイプではなく、樹脂で固めたタイプで、なんか雰囲気的にも信頼できそう。

ただ、出ている配線が全部で5本。トラなど2気筒エンジンのためだろうか、点火系が1本多い。

BSAユニットシングルのET車両の配線図をいくつか調べると、ステーターから点火系が2本出ている車両もあり、その場合、余った1本は適当にアースしているようだ。

果たしてこれで機能するのだろうかと、最初はちょっと悩んだけど、とりあえず交換してみた。

で、無事に機能しました(ちなみに余った1本はちゃんとアースさせないとエンジンかかりません)。

やったーということで、今年の盆は南会津方面に、ダンヒルさん先導の、根田さんと3人で、一泊林道ツーリングに行ってきました。

a0255337_14252032.jpg


ふたりとも速い速い。B40もノントラブルでがんばりました。

ではまた。
[PR]
by motorshack | 2014-11-20 00:11 | B40ES日記

130713 蓼科~甲府

3連休に蓼科から甲府へと、2泊3日のツーリングに行ってきた。

今回のツーリングの目的は、今年に入って通行規制が解除された、大弛(おおだるみ)峠と観音峠を走ること。

トラで行くかBSAで行くか、バイクの選択はツーリング直前までさんざん悩んだけど、ルートプランを考えた結果、今回はB40を出動させることに決定。

初日は去年と同じく、志賀坂峠、田口峠、蓼科スカイラインを経由して、まず蓼科で1泊。

2日目は、麦草峠、馬越峠を経由して、山梨方面に南下。そして今回はいつもの信州峠を通らずに、大弛峠を経由して甲府に向かう。

大弛峠のある川上牧丘林道は、日本でもっとも標高の高い道路(2360m)で、今回のツーリングのハイライト(?)。でも実際に走ってみると想像以上にガレた路面で、ダートいうより水の枯れた川原状態。ただし川原と違う点は、丸い石が存在せずに鋭角に粉砕された石だらけということ。

B40も自分の体もバラバラになるんじゃないかという荒れた路面を、10キロ近く延々と登り続ける。転ばないよう、車体に負担をかけないよう、異常に慎重に走っていたら、登りきるまでに1時間近くもかかってしまった……。もう集中力も体力も限界、というあたりで分水嶺を越えて山梨県側に到達。でもその達成感には格別なものがありました! まぁもうちょっと本音の感想としては、1キロステーキとか超激辛ラーメンを記念に食う感覚と案外近いのかな。決してうまいものではないというか……。

写真は休憩中に通りがかった、最新オフローダーのお兄さんに撮ってもらったもの。蓼科あたりから突然フォークゲイターが破けはじめたので、スーパーで買ったラップとビニールテープで応急処置しております。
a0255337_0201269.jpg


山梨県側に入ってからは、甲府での1泊をはさみながら、北部山岳地帯を網の目のように張り巡らされた林道を、ただひたすら走ります。去年は工事規制でずっと走れなかった観音峠も、ようやく走破。これで主要な路線はひと通り走ったのかな。ただこの一帯、細かい支線を含めると、2日や3日じゃとても走りきれない量の林道が無数に存在してます。まだまだ何度来ても楽しめそう。

今年は車載カメラも取り付けていったので、動画も撮ってきました。ただ、バイクから降りて冷静になって考えると、自分が見たって眉をひそめるような内容だし、決して他人が見て面白いものじゃないと思うので、動画は直接貼りません。興味のある人だけリンク先を見てください。

林道前山大明神線
ピカピカの舗装路とダートが断続する極端な道。全面舗装化前に一度走ることをお勧めします。

林道大明神線
こちらもピカピカの全面舗装。ただし、いろんな物がいっぱい落ちてる。

林道観音峠大野山線
観音峠の展望が開けるのは00:12:00あたりから。崖側の景観に思わず声を上げているのが聞こえる。

林道池の平線
池の平線は道幅が狭く勾配もキツい。コーナーの半径も小さく、まるでジェットコースターみたい。

林道荒川線
前山大明神線からここまでブッ続けで走ると1時間ぐらい。でもヘトヘトになります。

林道水ヶ森線その1
林道水ヶ森線その2
比較的直線も長く、コーナーの半径も大きい。路面も悪くないので結構スピードが乗ります。

以上。
[PR]
by motorshack | 2013-07-17 00:32 | B40ES日記

121231 西伊豆

明けましておめでとうございます。去年もいろんなことがありましたが、今年もよろしくお願いします。

ということで大晦日に根田さんと、伊豆のやぶ誠まで走り納めを兼ねて、年越しそばを食べに行ってきた。
a0255337_14532738.jpg


天気も良く、特にこれといったことのない、いつも通りの平常運転だったんだけど、冬の伊豆の西から吹く強い海風には閉口しました。

11月のトリニティーツーリングでは、「B40は登りが遅いんだよね」とかなんとか、さも下りは速そうな言い回しで吹聴していましたが、下りもサッパリ追いつけません。



隊長は新年明けてまた伊豆に行くそうです。平常運転ですね。
[PR]
by motorshack | 2013-01-01 15:11 | B40ES日記

第15回トリニティーツーリング

週末にトリニティースクール主催のツーリングに行ってきた。今年は伊豆。

初日は箱根峠を越えたあたりから雨が振り出し、途中からは土砂降りに。でも2日目はバッチリ晴れて最高のツーリング日和になった。参加者みんな大きなトラブルもなく無事帰還。皆さんお疲れさまでした。

車載カメラを買ったので、今回は動画も撮ってみました。安物のカメラで画質がイマイチなので、720p再生推奨です。







去年のトリニティーツーリングでは、サッパリ調子の出ないB40と前日深夜まで格闘、泣く泣くB40での参加を断念したという経緯があり、「来年は絶対にこのバイクで参加してみせる」という執念でこの1年をB40に費やしてきた。ということもあって(あくまでも個人的な話なんですが)非常に感慨深いツーリングになりました。
[PR]
by motorshack | 2012-11-20 00:39 | B40ES日記

121006 蓼科

3連休の土日に蓼科まで1泊ツーリングに行ってきました。

朝9時ごろ出発、青梅街道から県道53号線で秩父へ。秩父市内で昼メシを食べてから、おみやげのどら焼きを買って、前回ツーリングの命の恩人宅に届ける。

今回はぶどう峠には入らずに、国道299号線から県道45号線を北上、根田さんおすすめの県道93号線田口峠に向かう。

この田口峠、ちょっと短いけど舗装の荒れ具合や道幅が絶妙。写真は峠入り口のあたり。さーはじまるぞって感じでワクワクします。
a0255337_2320195.jpg


県道93号線を西に向かい国道141号線にぶつかったら北上、洞源湖入口からこちらも根田さんおすすめの蓼科スカイラインに入る。

スカイラインと聞くと伊豆や箱根のキレイな有料道路を連想するけど、この蓼科スカイラインは別荘地を突っ切る単なる舗装林道。後半の大河原林道は多少曲がりくねっているけど、前半は北海道みたいにまっすぐな道。普通だったら絶対選ばないルートだけど、この道も非常に良かった。林道と聞いて誰もがイメージする白樺林だったり、森に囲まれた直線道路のド真ん中に鹿がポツンと立ってジッとこちらを見つめてたりするという、まさに絵に描いたような王道林道。たまにはこういう道もツーリングらしくていいですね。

女神湖や白樺湖を軽く観光して、17時ごろに国道299号線沿いにある宿にチェックイン。

翌日も9時ごろに出発、国道299号線を東に向かい、県道480号線と国道141号線を経由して、前回のツーリングでは雨の中を走った県道2号線馬越峠へ。そのまま県道106号線信州峠を経由して、クリスタルラインへと向かう。今回も観音峠は通行止めだったけど、やっぱクリスタルラインはいいですね。大好きです。何回走っても飽きません。

それなりに疲れたし、翌日はまたオフロードの練習ということで、勝沼から高速に乗って東京へ。早めの時間だったせいか渋滞もさほどひどくなく、17時ごろには東京着。

気温差が20度ぐらいあったりしたけど、このルートを気持ちよく走れるのって、1年のうちのごく限られた期間だけかもしれない。来年もまた行きたいな。
[PR]
by motorshack | 2012-10-10 23:22 | B40ES日記

120816 甲府~秩父

夏休みということで、甲府~秩父へ2泊3日ツーリングに行ってきた。

トリニティーにレポート提出したのでリンクを貼っときます。

Trinity School Blog: 2012夏 ツーリング・レポート(3)
[PR]
by motorshack | 2012-08-29 12:25 | B40ES日記

120728 西伊豆

前回始めて長距離を走った頃から較べると、だいぶバイクの調子も変わったと思うので、再度伊豆へ。

最大の懸念点だったフロント周り、ステアリングやフロントブレーキの安定感・信頼感は、前回より格段に向上した。荷重や路面状況をきっかけに突然フロントが暴れだすという現象は収まり、「そろそろ気をつけてくださいね」という信号がゆっくりと近づいてくる感じになった。もうあんまり怖くない。

ポジションは特に変更を加えていないので相変わらずだけど、あまりシートの前に座らずステップで体重を支えるようにすることで、上腕へのストレスは多少緩和されたかも。

前回と違うのはタイヤだけど、これも僕ぐらいのスローペースで走るぶんには何の問題もない。

相変わらずエンジンは全然触ってないけど、点火系や車体周りを整備しただけでまるで別のバイクのような印象になった。前回は正直おっかなびっくり乗ってたわけだけど、トラと較べても構造がシンプルなせいだろうか、負荷のかかっている箇所が乗っていてイメージしやすく、今はちょっとやそっとじゃ調子の崩れる感じがしないぐらい(コンロッドが折れるような突発的なトラブルは除く……)。

ということで、しばらく乗り込んでみます。
[PR]
by motorshack | 2012-07-31 00:03 | B40ES日記

Air Filter

フォークゲイターを換装中、校長からエアクリーナーを装着したほうがいいと指導を受ける。

ファンネルのままダートを走ると、大きなエンジントラブル以前に、バルブやバルブガイドの磨耗スピードが早いらしい。たしかに吸気側はモロに影響がありそうだ。

ということでTR6Cから取り外したコンセントリック900番台用の、ごく普通のエアクリーナー(偏芯タイプ)をテストとしてB40に装着してみる。

サイズ的に無理、と思い込んでたけど、サクッと普通に付いた。周囲にわたって2mm程度のクリアランスは確保できているので特に問題は無さげ。
a0255337_19112657.jpg


試走しても全域にわたって特に問題なし。ちょっとパンチが無くなった気はするけど。プラグの焼け具合も適正範囲内で特に問題なし。スローはいつもよりちょっと緩めになった。現在のセッティングはプラグが6番でメインジェットが190番。

ファンネルの原始的なシンプルさもB40には似合ってたけど、やっぱこっちが本来の姿ですね。
[PR]
by motorshack | 2012-07-26 21:36 | B40ES日記

Fork Gators

輸入時からもともと付いてたフォークゲイター、提灯お化けみたいにやぶけて雨水が浸水するせいか、スプリングはサビサビだし、フォークオイルもすぐ真っ白に。
a0255337_23113798.jpg


先日トラヴィスさんに注文して、台湾製の新品に交換。ゴムの伸びきったパンツを履き替えたような、非常にフレッシュな気分。

ついでに伸びきったドライブチェーンも交換。もともと付いてたレイノルズ風チェーンが、伸びてる上に非常に華奢な外見で、いつか外れたり切れるんじゃないかとヒヤヒヤしてたけど、ここは信頼の日本製であるDIDのチェーンに換装。左右方向のたわみが無くなり、ビシッとチェーンのラインが出たせいか、チェーンガードに擦れてガラガラ鳴らなくなったのも嬉しい。

本当はドライブスプロケットとリアスプロケットも同時に換えようとトラヴィスさんにお願いしたんだけど、純正と同じ丁数(ドライブ20丁・リア52丁)のスプロケットが現在市場に存在していないらしい。いつか換えないといけないのは確実なんだけど、チェーンと較べてスプロケットの歯の減り具合はまだしばらく大丈夫そうなので、もうちょい純正の丁数のコンビネーションで、いろんなシチュエーションと距離を走っておくことにした。

ということで我がB40、いまだかつてない好調さ。常に頭の片隅に不安要因を残して怯えながら走っていた時期を考えると、嘘のようにバイクも心も軽い。これでもう長距離も怖くない。

しかしこの調子の良さが大きなトラブルの予兆のように感じてしまうのは、僕に負け癖が付きすぎているのだろうか…… 「幸せすぎて何だか怖いの」ってやつです。それでも乗りますけど。

さて次はいよいよB40のエンジンオーバーホール…… じゃなくてその前にトラを直さないとな……
[PR]
by motorshack | 2012-07-22 23:28 | B40ES日記

120709 秩父

今回は根田さん、榎本さんという、トリニティー屈指のベテランモーターサイクリストふたりの秩父林道ツーリングに同伴。

ルートもダート中心に組み立てられているということで、B40の整備も万全を期しておく。街乗りでは取り外していた初期装備のエンジンガードを再装着。タイヤは輸入時から装着されていたK70から、ダンロップのTRIALS UNIVERSALに換装。ダートに加えて初めて履くタイヤということから空気圧の加減が読めないため、タイヤゲージとエアポンプも持参。キャブレターもサイズの合うエアクリーナーを探す時間が無かったので、今回はとりあえずファンネルにガーゼを被せるという応急処置で済ませる。

ではルートのおさらい。朝7:30に中央高速石川PAに集合。八王子ICで降りて国道16号線を北上。瑞穂町から県道44号線岩蔵街道を北上、県道53号線成木街道に入り金比羅山に向かう。ここで最初の林道、炭谷入線に入る。林道炭谷入線から林道西名栗線に抜けるも、残念ながら途中で倒木と土砂崩れに道を塞がれ断念。引き返して舗装林道を経由し県道73号線を北上、国道140号線を西へ向かう。御岳山から全長14Kmに及ぶ林道御岳山線に入り、行程の折り返し地点である、道の駅大滝温泉での休憩をはさみ、再度御岳山線に入り往復走破。あとは定峰峠を経由して関越自動車道東松山ICに向かい、東京神田佐久間町、トリニティースクールへ。

で、肝心のダートの感想だけど、とんでもない速度域で前を走るベテランふたりのワダチを頼りに、僕は教習所の一本橋や波状路ぐらいのノロノロ運転。ゴジラとキングギドラの死闘を遠くから呆然と眺める一介の自衛隊員といった状況ではあったけど、僕の知らなかったオートバイの魅力の一端を覗けたことは大変有意義だった。ぜひまた行ってみたい。というか絶対行きます。
a0255337_125705.jpg

[PR]
by motorshack | 2012-07-14 02:59 | B40ES日記