<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Iridium Plug

全国15人ぐらいのエナジートランスファー愛好家のみなさん、こんばんわ。今日のプラシーボは、『イリジウムプラグ』です。

海外の掲示板を見てたら、「ETコイルとイリジウムプラグの相性は最高!お前ら騙されたと思って使ってみ。HAHAHA!」みたいな書き込みを見つけたので、ちょっと騙されてみました。

で、結果報告。

換装してすぐに気がついたのは、始動性の向上。特に今までB40の鬼門だった暖気後の始動性が妙に良くなった。相変わらず理由はサッパリわかりませんが。

今のところ高回転時も問題無し、焼け具合も問題無し。悪いところと言えば、普通のプラグが4本買える値段の高さぐらい。

旧車にイリジウムプラグは合わないとかカブるとか馬鹿じゃねーのとか、どっかで聞いたことがあったけど、榎本さんによると、CDIとイリジウムプラグの相性は良いらしい。実はエナジートランスファーとCDI、原理的には非常に近いようなので、そのあたりも関係してるのだろうか。

ということで、今回のイリジウムプラグも継続使用決定。
[PR]
by motorshack | 2012-06-26 21:00 | B40ES日記

スピードメーター交換その後

前回からの続き。

ということで前後ブレーキのライニング張り替えのため、目黒ライニングに。結局二日で仕上がりました。早い。着払いで送るのも可能ということだったんだけど、すぐに作業がしたかったので土曜日の朝(土曜営業してるのも素晴らしい)引き取りに行って、その足でトリニティーへ。

多少なんだかんだあったけど、今回メインの作業予定だったメーター換装は無事終了。

スミスレプリカはオリジナルよりメーターが厚い(高い)ので、ケースにメーターを丸ごと格納するタイプの純正メーターステーは使えない。ということでTR6Cのメーターステーを流用(ステーはトラヴィスさんから取り寄せたもので、もちろんマイTR6Cが部品取り車になったわけではありません……)。メーターギアを換えたことで、無事に速度と距離の表示も正確になりました。

作業の成り行きで発生したライニング張り替えも結果オーライな感じで、以前から悩まされていたフロントブレーキをかけた際の、ドラム周りが偏心するような不安定な現象も何故か収まった。

ついでにステアリングのベアリングやレースもチェックしたり組み直したりで、フロント周りの挙動はだいぶ良くなったよ。もうブレーキかけた際の前荷重もあんまり怖くない。

まだアタリがついてないせいか、レバーをギューっと握り込んでもあんまりブレーキが効かないのは怖いけど、もうちょい走って様子を見てみます。

いまは2週間ぶりに乗れたので嬉しくてしかたない。早くツーリングに行きたいな。
[PR]
by motorshack | 2012-06-26 02:33 | B40ES日記

Lucas Auto Advance Unit

僕のB40に付いていたガバナー、裏側には数字の10と刻印されている。たぶん羽が開くと10度進角しますよ、ということだと思う。

B40の点火時期について色々調べてみると、エナジートランスファーの場合、通常5度(クランクシャフトで10度)進角するのが普通っぽい。

前のオーナーが違うガバナーを取り付けたのか(ちなみにバッテリー点火のWD B40のガバナーが10度らしい)、生産時期によって違いがあるのかは謎。他にもこういう個体はあるみたいで疑問に思っている人もいるみたい(Auto Advance Unit question)。

まぁ10度だろうが5度だろうが調子出てるならそれでいいじゃん、という以上の話ではないんだけど、そもそも比較対象となる5度進角のB40に乗ったことが無いので、僕のB40が調子出てるのかどうかの判断もつかない。

ということでeBayに出ていた5度刻印のガバナーを落札してみた。カムの形状は極端に尖ったエッグシェイプで、明らかにエナジートランスファー仕様のガバナーと思われる。最大進角を33.5度とすれば、理屈の上では最大遅角がクランク側で10度早くなることになる。いったいそれでエンジンがかかるのかも謎ですが、ためしに交換したって破壊的な悪さをするとは思えないので、そのうち換装して乗り比べてみる予定。

いくら調べても相変わらず点火周りは?だらけなんだけど、どなたかこのへんに詳しい人いないですかね?
a0255337_16174796.jpg

[PR]
by motorshack | 2012-06-16 17:14 | B40ES日記

HONDA MOTRA CT50J

トラが壊れBSAも修理中の今、足代わりに乗っているのがモトラ。僕が持っている3台目の、最後のバイク。

数ヶ月に一度エンジンをかけ、1年に一度オイルを交換するぐらいで、今はもう全然乗ってない。

でも文句も言わず、いつでもすぐに調子を出してくれるので、こういう時は本当に助かります。
a0255337_046405.jpg

[PR]
by motorshack | 2012-06-15 00:40 | その他

スピードメーター交換

ラバーマウントのスミス純正グレーフェイスの針が動かなくなり終了→
レプリカグレーフェイスを購入→
もともと付いてたメーターケーブルとのマッチングが全然駄目→
板金半田でケーブルを太らせようと思い、半田ごてを当てた瞬間ケーブルの芯が樹脂製で終了→
5.1フィートのメーターケーブル購入→
バッチリ動いたが、針、オドメーター共に何故か1.5倍速に(どちらもマイル表示だが純正は最高速が120mphのせいか)→
メーターギアボックス購入→
ギアボックス換装のためリアタイヤを外し、ついでにブレーキを掃除しようと思ったらライニングからリベットがコンニチワしてるのを発見→
ライニング張替えが決定したので、フロントブレーキもバラす必要がある←イマココ

まだまだ続きます……
a0255337_2433981.jpg


写真はTrinity School Blogより拝借。
[PR]
by motorshack | 2012-06-14 02:47 | B40ES日記

Crankcase

まずは状況だけ説明すると、40~50mphぐらいで走行中に、突然エンジンが停止した。

ベテランの方なら走行中に何かしらの予兆を感じ取れたのかもしれないが、僕にとっては突然としか言えない状況だった。

リアタイヤがガッチリとロックしてるので、最初はチェーンに異物でも噛んだのかと思ったけど、停車してメインスタンドを起こし、ギアをニュートラルに入れると、タイヤは普通に回る。

「あれーなんだろう」とか考えているうちに、いつの間にかバイクの下にオイル溜りが。あわててエンジンに目をやると、クランクケースに100円玉ぐらいの大きさの穴が開いている。

まだバラしていないので、現時点ではクランクケースの中で何が起こっているのか正確にはわからない。しかし予断を廃し、バラして状況を調査・分析する、つまり事態を受け止めるだけでも、相当の覇気を必要とするのは、わかる。

まぁ、時間もかかりそうなので、あせらず、冷静に、粛々と、やります。
a0255337_19313496.jpg


写真はSCC ismから拝借。
[PR]
by motorshack | 2012-06-07 21:33 | TR6C日記