修理完了

つけなきゃ走らないパーツはぜんぶつけた。ということで、とりあえず修理完了。

トリニティーからガソリンスタンドに寄って家に帰ってきただけなんで、まだ全然走ってないんだけど、初期トラブルはいまのところ無し。

今回、圧縮比を7:1から9:1に上げて、キャブは932から930に落としたんだけど、かなりアイドリングを低くしても粘ってくれてる。スローもキッチリ出た。

凹んだタンクの板金塗装もうまくいって、痛々しかった外装もだいぶ復活した。
a0255337_042352.jpg

a0255337_0424494.jpg


まぁ、慣らしが終わるまではあんまり回せないし、いまの段階ではなんとも言えないんだけどね。しばらくはノンビリ乗りながら様子を見てみます。

今回だけはさすがにもう駄目かと思ったけど、校長をはじめ、根田さん、奈良さん、トラヴィスの栗崎さん、トリニティーの仲間たち、みんなの協力や励ましがあったから、修理完了までたどりつけたと思ってます。本当にありがとうございました!
[PR]
# by motorshack | 2013-05-01 08:25 | TR6C日記

作業進捗報告その8

タイヤ交換中。
a0255337_1414793.jpg


後輪ロックの影響でタイヤとチェーンの交換は最初からする予定だったんだけど、ついでにタイヤの銘柄をK70からTRIALS UNIVERSALに変更してみる。B40に装着したら思いのほか良かったんでトラでもいけるかなぁと。でもB40とくらべると車重が全然違うし、走って駄目そうだったらまたK70に戻します。

写真はTrinity School Blogより拝借。
[PR]
# by motorshack | 2013-04-28 01:58 | TR6C日記

【速報】祝・エンジン始動

さきほどエンジン始動に成功しました! キック一発!

まだボイヤーの進角も調整してないし、キャブのスローも1回転半戻しのままだけど、無事にアイドリングしてオイルが戻ってくるとこまでは確認しました。

ひさびさというのもあるけど、トラの音と振動、やっぱシビれました。ちゃんといいバイクに仕上がるといいな。
[PR]
# by motorshack | 2013-04-25 01:33 | TR6C日記

作業進捗報告その7

更新サボってましたが、腰上から車体に載せるまで、仮組気分のまま一気に組んでしまいました。

a0255337_23261552.jpg

クランクケース、シリンダー、シリンダーヘッド、車体と、それぞれ個別に下準備をしているときは、特に大きな問題は感じなかったんだけど、そもそも別々の個体から調達してきた素性のパーツのため、全部を合わせてみるとイマイチ整合性のとれない箇所が、どうしても出てくることになる。

小さな修理だと、不具合感知→問題箇所の予測と修正→即エンジンかけて答え合わせ、となりますが、今回のように大がかりな修理になると、最後の最後まで答え合わせができないまま問題を解き続けることになっちゃう。最初の数ページ目で大きなミスをした可能性の不安やら、つじつま合わせの後ろめたさを抱えたまま、最後のページまで問題集を解き続けるというのは、あくまで僕の場合ですが、非常にストレスを感じます。

ということで、最初はエンジンと同時並行作業で車体周りの不具合も修正しようと考えていたけど、まずはエンジンがかかるところまで一気に組んでしまって、いったん答え合わせをしようかと。

というかそうしないと脳内が大量の不安要因で圧迫されていて、この先の不具合対策に使うための脳の領域が足りないです。すべて杞憂だったと晴れ晴れした気分に切り替えたい。いや、切り替えさせてください……。
[PR]
# by motorshack | 2013-03-18 23:20 | TR6C日記

作業進捗報告その6

a0255337_1241083.jpg

アールさんから帰ってきたシリンダー。

スリーブを圧入してもらったんだけど、スリーブの境い目がまったく見えない。塗装が剥げて地金がのぞいてるぐらい使い倒した表面の質感と、機能部分のシャープさのコントラストが美しいです。組まずに飾っておきたいぐらい。これはちゃんと組まないとなーと背筋が伸びます。

ということで、今日はシリンダーにタペットガイドブロックを圧入。途中相当すったもんだしたわりにはイマイチな納得度なんだけど(特に排気側)、まぁとりあえず良しとします。
[PR]
# by motorshack | 2013-02-21 01:26 | TR6C日記

作業進捗報告その5

クランクケースを閉じるための準備がほぼ完了したので、いよいよ仮組に入る。

中央のダウエルピンを中心にケースを慎重に合わせてみると、クランクシャフト、両カムシャフト、ケースをとめる5本のボルト、すべてが指の力で抵抗無くツルツル回るポイントがちゃんと存在している。ボルトを締め込んでみても変化無し。

緊張がゆるみ、全身にひろがる安堵感。うわー、本当にホッとした。

いったんクリアしてみると、自分がケース合わせという工程に相当なプレッシャーを感じていたのが、逆によくわかる。ここ最近このブログも鬱展開気味だったけど、これもひとつの要因だった気がします。

a0255337_2218423.jpg

アールさんに作っていただいたスモールエンドブッシュがまぶしい。
[PR]
# by motorshack | 2013-02-12 00:03 | TR6C日記

作業進捗報告その4

アールさんにお願いしていた内燃機加工も納品していただき、いよいよ組立の工程に入ります。

ということでブッシュやベアリングの圧入など、クランクケースを合わせる前に済ませておかないといけない作業を現在進行中。

なんだけど、ギアボックスに圧入するハイギアのベアリングを、僕の取り扱いの不注意でひとつ駄目にしてしまった。

なんというか、非常に落ち込みます。

それなりに高価なパーツではあるけれど、もちろん値段の問題では無いのです。

知識の無さが原因のミスであれば、まだ救いようがあるんだけど、組む前に注意深くパーツを観察しておけば絶対に起こらないようなミスだったのが、また落ち込む原因に。

現実逃避のために、家に帰ってから新品のヘッドランプブラケットに(ひしゃげたブラケットは交換することにしました)ステッカーを貼るなどして心の安定をはかってみた。

こんなことでも、なけなしの自信とやる気がちょっと復活しました。
a0255337_21102248.jpg

[PR]
# by motorshack | 2013-02-07 02:42 | TR6C日記

近況

トラが壊れてからというもの、通勤、街乗り、日常の足からツーリングまで、すべてをB40ですませているため、B40の走行距離の増え方がハンパ無い。

乗れば乗っただけ必ずどこかが磨り減り、いずれ壊れていくのは機械の宿命。機械の体を手に入れても、決して幸せにはなれないと僕も思います、メーテル。

B40、いまのところ走れなくなるような壊れ方をしたことはまだありませんが、旧車生活とは塞翁が馬であり、明日は何が起こるかわからないと、経験不足ながらも実感しております。

そのせいか、とっととトラを直して負荷の分散運用に努めねばと焦ってしまい、つい修理の段取りや作業も焦りがちになってしまうんですよね。思考が先へ、先へと飛んでいくというか。もっと落ち着かないと。
[PR]
# by motorshack | 2013-02-01 01:21 | その他

作業進捗報告その3

今回の故障で、直接の被害は受けなかったシリンダーヘッド。

しかし実際バラしてよく見てみれば、当然ながら走行距離相応に各部が摩耗しており、それなりにガタもある。

もともと素性があまり良くなかったヘッドだったので、そのあたりも諸々含めてガッツリ直す(含む内燃機加工)、というプランも考えたが、そもそもの修理という目的からズレることや予算との兼ね合い、校長はじめ識者のアドバイスを鑑みて、今回はザッと掃除をして軽くバルブを擦り合わせるだけで済ませる事にする。
a0255337_233433.jpg


とくに何も変わっていないのですが、これだけでもなぜか心が落ち着きます。
[PR]
# by motorshack | 2013-01-24 22:12 | TR6C日記

Cylinder Cooling Fin

スカートのみならずブロックのベース面まで割れたTR6Cのシリンダー。このまま即廃棄処分かと思われたが、ドスケベパイセンが現在レストア中の愛車、Norton 650SSのシリンダーフィンの一部として転生、第二の人生を歩むこととなった。これは何気にマジでうれしいものです。溶接修理をしたやすひろ君、ドスケベさん、ありがとう。
a0255337_17344321.jpg

[PR]
# by motorshack | 2013-01-21 20:23 | TR6C日記